きっと空へいく

Civil Aviation College

[68-Ⅲ🐝🐝🐝] みんな大好きSR22

without comments


待機期間に入り、座学の5ヶ月半がいい思い出に変わりつつある、阿部学生です。
8-Ⅲが待機期間に入り、ブログの更新頻度が下がっちゃう…って悲しんでいる、読者の航大ファンの皆さん、安心してください‼︎
そして『ブログが静かになりそう』と安心している7-Ⅲさんの皆さん、『あま〜〜〜〜〜い‼︎』(※これは8-Ⅲに人気の、ハンバーグ師匠のネタです笑)。
待機期間も航空大学校の学生なので、もちろんブログは更新していきますよ〜(ネタがあるかは別ですが…)

待機期間最初の投稿は、座学期間に投稿しそびれていた、2回目の格納庫見学の様子です。
1回目の格納庫見学では、古い機体の機内見学と現行機のSR22の外観見学しかできませんでした…
2回目の見学では、待ちに待った機内見学をできたんです‼︎
その際の8-Ⅲのキラキラした笑顔とベールに包まれた機内を今回のブログでお伝えできたらと思います。

ちなみに座学生はキラキラした憧れの瞳でSR22を眺めているのですが、なぜかフライト学生になると、その瞳がいつの間にか死んだ魚のような目になってしまうそうです…。
私たちも次はフライト学生になりますが、この時の笑顔を忘れないようにしたいです。

話を戻しましょう。
この日は雨でフライトがキャンセルの日。
フライト学生さんが寮内で喜んでいる中、私たち座学生は機体で埋め尽くされた格納庫に集まりました。
格納庫見学は、機体数の関係で雨の日にしかできないんです。

SR22がキレイに並んでますね〜 機体も床もピカピカ‼︎

2回目の格納庫見学のテーマは「座学で学んだ機体についての知識を、実機で確認してみよう‼︎」というものでした。
みんな真剣な表情で実機を堪能していますね〜

タクシーの運転手でしょうか⁈
SR22を買ったお金持ち
いい笑顔
彼は前職も航空関係なので、知識がスゴい‼︎
ラストフライトのような笑顔‼︎

読者の皆さんも、ブログを読んで得たSR22の知識を、実機見ながら確認したいですよね⁈
では、特別に乗ってみましょう‼︎(ブログでは初公開⁈)

機内に入る際にはまず、主翼の根元を登って入ります
主翼に乗った状態から機内を眺めると… 後部座席には椅子を倒して入ります
左側に機長、右側に教官が座ります 左右席で操縦桿(ジョイスティック)の持つ手が異なるのも特徴
機長席に座ると、前にはバッテリーなどのスイッチや予備計器が
右手側にはスロットルレバーや、各種のキーボードが
SR22は車輪が出たままフライトをしますが、練習用にギアスイッチが‼︎(ギア故障も再現できます)
前方の視界はこのような感じ
天井には非常用パラシュートのハンドルが‼︎ 14ftから落ちた時と同じ衝撃
後部座席からはこのような感じ 後部の人も外部監視は欠かしません

と、まぁこのような感じです。(1度もフライトをしたことがない座学生ですが…)
実際に観たい方は、ぜひ航空大学校へ‼︎

最後に私たち8-Ⅲの回期Tシャツの背中にはこのような文字が書かれています。(デザインは今流行りの映画に瓜二つ‼︎)

モデルは8-Ⅲ随一のマッチョ、色々あって宮崎にまだいます

『circuit breakers-all in』
これはエンジンスタートする時の「before start」という手順(プロシージャー)の中で1番最初に確認する項目で、サーキットブレーカーは機長席右側足元にあります。

どれがどれかよく分かりませんが、字面だけで選びました…笑

待機期間中はどれだけ更新できるか分かりませんか、またブログでお会いしましょう‼︎
最後はカブトムシっぽい写真でお別れです。

SR22はこのタグで引っ張って格納庫から出し入れします

Written by 68III

6月 19th, 2022 at 6:28 pm