きっと空へいく

Civil Aviation College

航空大学校で良かったのか!!!!!???

without comments




こんにちは!!もう名乗らなくても、どこの回期かわかって頂けているでしょうか。

世間では三次試験が始まっていますね!
航空大学校では最近、クールビズが採用されネクタイなしの生活を送っています!



分かりにくい写真で失礼しました。

クールビズでネクタイを外してもいいと言っているにもかかわらず
ネクタイを装着する学生がいます。
「してないと気持ち悪い」やら「今日はチェックやから」などよくわからない理由を言っています。いろんな学生がいますね。

さて今回のブログ内容は、なぜ航空大学校を選んだのかです。
まだ三ヶ月ほどしか航空大学校にはいませんが、
気持ちが残っているときに聞いておきましょう。

パイロットになる方法はたくさんありますが、
なぜこの選択をしたのかを学生に聞いてみたいと思います!!

あの日何度も練習した模範解答のようなテンプレではなく、実際の声を聞いてみましょう!

今回は5人聞くことにします!

まずはS学生です。

「小さい頃からパイロットに憧れていましたが、職業として本格的に目指し始めたのは大学生になってからです!その時初めてパイロットになる方法を調べてみました!
今すぐにでもパイロットになりたかったので、これから最短でパイロットになるには航大が1番いいのではないかと思い、受験してみました!
私も三次試験の面接では寮生活のメリットについて、テンプレを暗記したように言及しましたが、そのころの予想以上に、航大生活は男子校よりも男子校、ニンニク・アブラマシマシ、カルピス原液のような濃くて充実した毎日でした!」

二人目もS学生です。

「自分はパイロットになりたいのは言わずもがなですが、もともとJ○Lに入りたくて、大学新卒の就活で自社養成を受けていましたが、それが悔しい結果に終わってしまったため航空大学校に入学しました。そういう意味では第一志望ではなく滑り止め受験のような、決してポジティブではない志望動機でした。しかし、いざ入学してみると、各分野のプロフェッショナルの学科教官方や、卒業生やエアライン出身の方はもちろん、自衛隊出身の実科教官も多くいらっしゃるなど、訓練を受ける場としてはこれ以上ない環境だと感じています(寮が古い・待機期間が延びている等、訓練以外の不満はいろいろありますが、、、)。
とても厳しい訓練校のイメージがあって覚悟を持って入学しましたが、放課後や休みの日は自由で、同期部屋ということもありプライベートはとてもリラックスできています。毎日ゲーム三昧でも座学課程は案外なんとかなってます。
もしこのブログを読んでくださってる中にパイロット志望の方がいらっしゃっいましたら、航空大学校も一つの選択肢として考えてみることをお勧めします!」

三人目はY学生です!

「宮崎、帯広、仙台と気候の違う3地点で訓練できることは、将来日本を拠点にする可能性が高い我々にとって大きなメリットだと考えました。
そこで気になるのが訓練地の環境。日頃の訓練の疲れを癒すために、とても大事な要素の一つです。
私たちは宮崎に来て3ヶ月ですが、食べ物は美味しい、海は綺麗、買い物する場所に困らない、自然が豊か、どれを取っても満足度は高いです。極め付けは宮崎弁。金曜日の放課後、鉄格子の門を開け、シャバに出るとそこには可愛らしい宮崎弁を喋る大和撫子が。(もちろん声をかける勇気はないのでself social distanceをしっかり守っています。)
7-Ⅲみんな、宮崎のことがてげ好きっちゃが。(宮崎のことがとても大好きです)そして宮崎のことが好き過ぎて待機期間に宮崎に残るツワモノまでいるようです。このブログを見ている受験生の皆さん、宮崎はいいとこですよ✌︎(‘ω’✌︎ )」

四人目O学生

「Q.生まれ変わるなら何になりたいですか?
生きていく中で一度は聞かれたことのある質問だと思います。みなさんの答えは何ですか?私の答えは”鳥”です。だって、あんなに広い空を我が物顔で飛び回るなんて、めっちゃ羨ましいもん。おれだって飛びたい!それを叶えてくれる職業が、パイロットだったんです。
では、パイロットになる為にはどうすればいいの?調べたのは高2の冬でした。すると驚くべきことに、2年でライセンスを取得し就職できる夢のような環境を提供してくれる場所があるではないですか!その名はCAC!このようにして、航空大学校への入学を志望しました。そう決めてからはあっという間でした。なんの迷いもなく、大学2回生の春に入学願書を提出し、67回生Ⅲ期として入学し、”パイロットになる”という夢を追えています。とても幸せです。
やはり、座学と言えども予想以上にとても忙しく、毎日体育館へ足を運び、マイラケットとマイシャトルで空中戦を繰り広げています。座学修了までにハイバック打てるようになりたいです!バドミントン最高!」

五人目はS学生です!

「航大を選んだ理由は、色んな人と出会えるから!です。私の場合、周りにパイロットを目指している方が全くいなかったのですが、ここでは飛行機の話に目をキラキラさせるような人達ばかりが集まっています。 こんな環境はめったにありません。
さらに、同期が優秀なことも航大に入って良かったところです!皆、地頭が良いなと感じることが多く、日々刺激を受けています。
最初は集団生活に不安のあった私でも、いざ入ってみれば楽しい思い出ばかりです!ぜひ航大に挑戦してみてください、個性豊かなナナサンが待ってます!」

今回は、五人答えてくれました。
色々な壁を乗り越え、航空大学校に入れて本当に良かったっぽいです。

自分もこのブログを読んでいいなと思っていたので、
今書いていると思うと不思議な気持ちです。

更新頻度一位の回期になります。



67-Ⅲ

Written by 67III

5月 18th, 2021 at 3:41 pm

Posted in 未分類