きっと空へいく

Civil Aviation College

[66-Ⅲ]初投稿!帯広ファーストソロ

without comments


はじめまして!航空大学校66回生Ⅲ期の大村学生です。

2019年12月の入学から約1年半にして満を辞してのブログ初投稿です!

私たち66回生Ⅲ期は昨年4月に宮崎座学課程を修了しました。その後、約10ヶ月間の自宅待機を経て、3月8日に帯広分校に入校しました!

これまでの3ヶ月間は、主にタッチアンドゴー(連続離着陸)訓練や、エアワーク訓練(低高度での地上航跡飛行や失速訓練など)に取り組んできました。

何もわからなかった初めてのフライトから考えると、大きな進歩をしていると実感しています。

そして現在66-Ⅲは、これからのパイロット人生におけるとびきりの思い出になるであろう初単独飛行(ファーストソロ)に挑んでいます。

すでに数名がファーストソロを終えていますので、感想を聞いてみましょう!

———————————————————————————————————–

①ファーストソロ一番乗り!青木学生

「廊下ですれ違う度に、先輩も同期も応援してくれたり祝ってくれたり、本気で喜んでくれた同期もいて、航大生活の中で一番人の温かさを感じました。この道に来て本当に良かったなと思えました。」

②うちなーの心を忘れない!島に恩返し!祖山学生

「ゴーアラウンドしてヒヤヒヤした。

これからも安定した着陸を目指します!」

③圧倒的委員長!泣く子も黙らせる岸学生

「管制官からもらった拍手に感動しました。

これからもご迷惑をおかけします」(かけないでください)

④アキレス腱断裂からの復活!佐藤学生

「一人で飛ぶ自由は素晴らしかったです!

何十周もした場周経路が格別な景色に見えた!」

⑤ロクサンの優しさ担当!川脇学生

「空を飛ぶ楽しさと安全に対する責任の重さを実感しました!

これまで育ててくれた両親に感謝して、これからも頑張ります」

(なんていいコメント!!)

⑥ベテランATC! 木下学生

「お父さんお母さんありがとう!」

⑦マフィン大好き!馬堀学生

「離陸前は一人きりで緊張したけど、飛んでみると自由で楽しかった。

やっと空を飛べたと感動しました!」

⑧みんな大好き!柴田学生

「空酔いに悩まされましたが、なんとか成し遂げられてホッとしました。

これからの目標は空酔いになれる!死なない!」

———————————————————————————————————–

以上ファーストソロの感想をお届けしました。次回の更新までお楽しみに!

Written by 66III

6月 21st, 2021 at 6:08 pm

お父さんいつもありがとう

without comments


おはこんばんちは。(無敵の挨拶)

ブログといえばナナサン。ナナサンといえばブログ。これからも書いて書いて書きまくります。

気づけば宮崎座学課程修了まであと8日11時間40分。(2021.6.19 13:30UTC現在)

最後の力を振り絞って試験勉強に励んでおります。

本日は父の日ということで、

回期を代表して3人の学生にお父さんについてインタビューしました!

No.1 奥田学生


Q1 お父さんとの1番の思い出は?

小・中学生時代に一緒に公園等で野球の練習をした事 親父に怒られ殴られ、泣きながら野球の練習を”嫌々”していたのは今となっては良き思い出です。そのお陰もあってか(?)、今では地元に戻った時に、一緒に楽しくソフトボールも出来てます🥎

Q2 お父さんに「パイロットになりたい」と伝えた時、どんな反応をされた?

“人間は約40年の人生を仕事に費やすから、誰もが出来る事じゃないけど誰よりも誇りを持てる仕事をしろ” と言われたのを覚えています。後は飛行機をタダで乗せろだの、今まで真司に投資した分を返して貰うわだの、新車買ってもらうわだの、半分以上お金に絡む事だった気がします。

Q3 最後に一言!

待機期間は現場の手伝いに励みますので日給upしてください。あとこの学生証の写真くらいもう少し痩せてください。

No.2 安光学生

Q1.お父さんとの1番の思い出は?

思い返すと父はとても厳しい人で、高校生くらいまでちゃんとまともに喋れてなかった気がします。 どれくらい厳しかったかというと、中学卒業まで携帯はもちろん、ゲームもなく、門限は17時、テレビはありますが見れるのはNHKのみで日曜日の「ダーウィンが来た」と大河ドラマを観るのがバブルスJrの楽しみでした。 マックに行っても、オーダー出来る飲み物は水か牛乳で、ジュースを頼めた記憶はありません。 こんな我が家ですがディズニーランドに行くときだけ門限が伸びます! ディズニーは家から近く、「今日は18時でいいよ」と言われウキウキしながら出かけますが、遊んで帰る時間が近づき帰りの所要時間を計算してみると、バスの時間などを考慮し結局友達とは17時くらいにバイバイしないといけないのです。高い入園料を払って早く帰ってくれる、良い客でした。 思い返すと家の謎ルールがたくさん出てくるのでこの辺にします。

Q2.お父さんに「パイロットになりたい」と伝えた時、どんな反応をされた?

自分がパイロットを目指すきっかけに父の存在があったので、応援してくれています。

Q3.最後に一言!

今こうして自分のやりたいことに没頭できているのは、間違いなく家族の支えのお陰なので、期待に添えるように頑張りたいです。

No.3 安田学生

Q1.お父さんとの1番の思い出は?

少年野球をやっていたとき、父が仕事終わりに素振りやシャトル打ちの練習に付き合ってくれたことですね。今思えば仕事終わり疲れてるだろうに練習の相手をしてくれて感謝しかないです。チーム1へたっぴだった自分がホームランを打つまで成長できたのは父のおかげだと思っています!

Q2.お父さんに「パイロットになりたい」と伝えた時、どんな反応をされた?

はじめは「どんくさいお前がパイロットなれるんかー」って感じでしたけど、今では快く応援してくれてます。

Q3.最後に一言!

いつもは照れくさくて言えないけど、お父さんありがとう! 気合いと根性でなんとかしてパイロットになるから、ファーストフライトに乗るまでは健康(タバコと食べ過ぎ)には気をつけて長生きしてね!

皆さん素敵なコメントありがとうございました! お父さんをはじめ支えてくださる人々に感謝して、これからも訓練に励んでいく所存でございます。 そしていつか1人のパイロットとして、はたまた1人の父親として、立派な人間になれるよう日々精進していきましょう。

それではまた次回。 明日も最高の1日にしましょう!!

67回生Ⅲ期一同

Written by 67III

6月 20th, 2021 at 7:38 pm

Posted in 未分類

7-ⅢのFTD

without comments


こんにちは。

いよいよ座学過程の終了が目前に迫ってきた67-Ⅲです。

実は6月の第一週に座学過程の一番の目玉といっても過言ではないFTDなるものを行いました。

こちらがその様子です。


そうです。シミュレーターを使用した訓練です!!

この訓練に向けてみんな数週間前から訓練機の操作手順をコツコツと覚えていました。


これはマニュアルをきちんと覚えられているか紙レーターと呼ばれる、ただの写真の前で手順を確認している様子です。

このようにして望んだFTD、シミュレーターとはいえ自分でエンジン始動からTake Off、その後空港周辺を飛んでLandingからエンジン停止まで行うというのには高まるものがあったようです。同期もみな楽しかったようです。

皆さん、急な伝聞表現に違和感を覚えましたか?

これは私の日本語力が問題ではありません。望んだと臨んだを間違えているのも伏線です。何を隠そう私は同期で唯一、空港周辺を飛行していないのです(手順の確認は一通りしているので問題はありません)。


私もきちんと準備していたのに…

まぁこの訓練は手順の確認が目的で飛ばすことが目的ではないのでこういうこともあります。
小さなことにとらわれず前を向いていきましょう。

それでは67-ⅢのFTDの紹介でした。

さようなら~

Written by 67III

6月 16th, 2021 at 4:46 pm

Posted in 未分類

宮崎100kmリレーマラソンに出場しました!!

without comments


ご無沙汰しています。67-Ⅲです。
ブログあまり更新できていなくてすみません。

残り三週間となり、チェックが続いていたため忙しい毎日を送っています。

さて、本題ですがリレーマラソンに出場しました!!

この大会は第8回目で
2kmを50周するという大会です。

私たち67-Ⅲは13人で参加し、
大体1人 6〜10kmを走りました。

※撮影時だけマスクを外しています

しかも!!この大会には一つ下の後輩 67-Ⅳも出場しているという
絶対に負けられない戦いだったのです。

序盤、67-ⅢのエースYくんが一区で奮闘し、4位でタスキを繋ぎます。

そこから中盤にかけて1位になり、独走状態を続けていましたが、、、

なんとそこに立ちはだかったのが
航空自衛隊の方々でここから激しいレース展開!

同じ空を担う仲間として(私たちはまだ1mmも飛んでない少しだけ飛行機に詳しいだけ)
時に助け合い、時に切磋琢磨し合う。

ライバルでありながらも互いを応援している姿は感動ものでした。

結果として

総合 2位
一般 1位と

惜しくも航空自衛隊の方々と40秒差で負けてしまいましたが、
一般の部では見事優勝することができ
後輩にも威厳を保つことができました!

しかも6時間を切ることができ、みんな練習以上の力を出すことができました!

フライト学生になって戻ってきた再来年?
機会があればもう一度出て、この時のタイムを更新できればと思います♪

残り三週間ですが、
宮崎を楽しんでいきたいです!!

67-Ⅲ

Written by 67III

6月 7th, 2021 at 5:51 pm

Posted in 未分類

66回生Ⅰ期帯広課程修了!!!!!!

without comments


こんにちは!

はじめまして66回生Ⅰ期の大串学生と設樂学生です。

私たち66-Ⅰは去年の4月に帯広分校に入寮し、約1年の時を経て、無事帯広課程を修了することができました!!!(報告が遅れてしまい申し訳ありませんでした。)



 コロナの影響で私たちの訓練が本格化したのは8月でした。その頃は緑が生い茂っていましたが、冬になり景色はガラリと変わってしまいました。ちょうど他空港に行くナビゲーション訓練というものが始まるタイミングでしたので、街を見間違えることもしばしば、、、。

   

   

 私たちは3月に帯広を退寮したので、オールシーズン帯広を経験したわけです。丸1年経験した回期はなかなかいないんじゃないでしょうか。個人的には四季折々の風景、食べ物を楽しむことができる本当にいいところだったなという感想です。次は社会人になって遊びに行きたいものです。

パークゴルフ大会

     

 

  

一晩で車が動けなくなるほどの雪が降りました。
なれない雪かきですがみんなで楽しく楽しく行いました。

  

   

  

 帯広課程では初めて飛行機の操縦をし戸惑いながらも同期と協力して乗り越えました。次の宮崎過程では事業用操縦士の資格を取得しプロのパイロットになることを目指します。帯広課程で学んだことを土台とし、宮崎課程でも同期と協力し全員でプロのパイロットになれるようがんばります!!

最後の記念撮影めちゃくそ寒かったです。この寒さも懐かしいですね。

次回はあったかく沖縄コンビの照屋学生と仲村学生です!お楽しみに~

Written by 66I

6月 6th, 2021 at 1:26 pm

Posted in 未分類

Tシャツを作りました!!!

without comments


おはこんばんちは。毎度お馴染みナナサンでございます。
本日はTシャツが完成したということで、ブログにて報告する次第であります。
こちらがナナサンTシャツであります。

デザインした学生にインタビューしました。

紺色ベースに黄文字でパイロットの制服をイメージしました。デザインはカレッジTシャツっぽく校章を入れました。
暑い夏でもストレスなく着られるように、吸収速乾素材を採用しています。
そして胸に書いてある「CAC 67-Ⅲ CIVIL AVIATION COLLEGE 」は27個の文字で構成されています。同期27人の誰が抜けても「ナナサン」は成り立たない、全員がこの回期のマストピースであることを示しています!

アツいコメントありがとうございました。
このTシャツを着てあることにチャレンジします。その模様はまた後ほど。
それでは皆さん、明日も最高の1日にしましょう!!

67-Ⅲ 一同

Written by 67III

6月 3rd, 2021 at 5:55 pm

Posted in 未分類

ナナニーの待機期間

without comments


みなさんこんにちは!
通称ナナニー、67-Ⅱの川合学生です。私たちは2月末に座学課程を終え退寮、現在は待機期間です。
今回はその待機期間についてお話ししようと思うのですが、最初に退寮に際して一つお伝えしたかったことがあって、そちらから



退寮前々日に訪れた格納庫で、ちょっとした奇跡が起こりまして、、
お気づきでしょうか。そう、偶然にも格納庫にいた機体がナナニーだったんです!!
ただそれだけなんですが笑
宮崎にはSR22が15機ある中、最後のタイミングで巡り会えるとはという思いで、翌日のチェックは一旦忘れて、写真を撮りまくりました。

必ずや、27人全員で72の元へ帰ってきます。

















そんなこんなで無事に退寮した私たち、現在は何をしているのかというと

1 お勉強
座学の復習や帯広課程に向けた予習、事業用操縦士学科試験の対策、TOEIC等の資格取得あたりをメインにしています。

なにかそれらが伝わる写真を撮ろうとしたのですが、私一人では大分シュールになりそうだったので、まだ宮崎にいる時の写真を貼っておきます。



懐かしいですね。休日返上での勉強会。チェックに追われる厳しい日々が続きましたが同期と助け合い、なんとか乗り越えることができました。航空力学を、骨の髄まで染み渡るくらいにご教授していただいた宮里学生には本当に感謝です。










2 身体のケア
身体が資本のパイロット。その訓練生として常に心掛けているところではありますが、今後これほどにまとまった時間をとれるタイミングがなさそうなので、この間に身体をより万全にしておこうっていう感じです。例えば、親不知抜いたよーって話は結構耳にします。

あと、私事ですが、スポーツジムに通い始めました。2ヶ月経ったのですがまだあまり変化は感じられません。ちょっと行くのが億劫になる時もあります。なので、ここに書かせていただくことで、モチベーションにさせていただこうと思います。
帯広で同期に全然変わってないやんけーーーと言われないよう頑張ります。




サッカーにバレーにバドミントン、それから野球と、、色々やりましたなぁ







3 アルバイト
週末の半端ない解放感と、せっかく宮崎に来たのだからーということで、奮発した結果、最後金欠になっている学生が私含め数名、いやもっといたような、、

そんな具合だったので、アルバイトをしている学生は非常に多いです!

さて、こちらでも、新人、一年生としてメモを片手に奔走するような日々を送っております。
新しいことを次々と覚えていく中で、時には思うように動けないこともあり、上の方からご指摘をいただくことや自分の中でもっとこうすればよかったなと思うこともあります。

そこで、次こそはと同じミスをしないようにトライしていくのは、どこか航大の訓練にも通ずるところがあるのかなとふと思ったりもしながら、アルバイトも頑張っております!

ざっと、こんなところでしょうか!

また、宮崎での思い出話や待機期間の進捗等も更新していけたらと思います。
今後ともナナニーをよろしくお願いします!
67-Ⅱ 一同

Written by 67III

5月 31st, 2021 at 3:10 am

Posted in 未分類

航空大学校で良かったのか!!!!!???

without comments




こんにちは!!もう名乗らなくても、どこの回期かわかって頂けているでしょうか。

世間では三次試験が始まっていますね!
航空大学校では最近、クールビズが採用されネクタイなしの生活を送っています!



分かりにくい写真で失礼しました。

クールビズでネクタイを外してもいいと言っているにもかかわらず
ネクタイを装着する学生がいます。
「してないと気持ち悪い」やら「今日はチェックやから」などよくわからない理由を言っています。いろんな学生がいますね。

さて今回のブログ内容は、なぜ航空大学校を選んだのかです。
まだ三ヶ月ほどしか航空大学校にはいませんが、
気持ちが残っているときに聞いておきましょう。

パイロットになる方法はたくさんありますが、
なぜこの選択をしたのかを学生に聞いてみたいと思います!!

あの日何度も練習した模範解答のようなテンプレではなく、実際の声を聞いてみましょう!

今回は5人聞くことにします!

まずはS学生です。

「小さい頃からパイロットに憧れていましたが、職業として本格的に目指し始めたのは大学生になってからです!その時初めてパイロットになる方法を調べてみました!
今すぐにでもパイロットになりたかったので、これから最短でパイロットになるには航大が1番いいのではないかと思い、受験してみました!
私も三次試験の面接では寮生活のメリットについて、テンプレを暗記したように言及しましたが、そのころの予想以上に、航大生活は男子校よりも男子校、ニンニク・アブラマシマシ、カルピス原液のような濃くて充実した毎日でした!」

二人目もS学生です。

「自分はパイロットになりたいのは言わずもがなですが、もともとJ○Lに入りたくて、大学新卒の就活で自社養成を受けていましたが、それが悔しい結果に終わってしまったため航空大学校に入学しました。そういう意味では第一志望ではなく滑り止め受験のような、決してポジティブではない志望動機でした。しかし、いざ入学してみると、各分野のプロフェッショナルの学科教官方や、卒業生やエアライン出身の方はもちろん、自衛隊出身の実科教官も多くいらっしゃるなど、訓練を受ける場としてはこれ以上ない環境だと感じています(寮が古い・待機期間が延びている等、訓練以外の不満はいろいろありますが、、、)。
とても厳しい訓練校のイメージがあって覚悟を持って入学しましたが、放課後や休みの日は自由で、同期部屋ということもありプライベートはとてもリラックスできています。毎日ゲーム三昧でも座学課程は案外なんとかなってます。
もしこのブログを読んでくださってる中にパイロット志望の方がいらっしゃっいましたら、航空大学校も一つの選択肢として考えてみることをお勧めします!」

三人目はY学生です!

「宮崎、帯広、仙台と気候の違う3地点で訓練できることは、将来日本を拠点にする可能性が高い我々にとって大きなメリットだと考えました。
そこで気になるのが訓練地の環境。日頃の訓練の疲れを癒すために、とても大事な要素の一つです。
私たちは宮崎に来て3ヶ月ですが、食べ物は美味しい、海は綺麗、買い物する場所に困らない、自然が豊か、どれを取っても満足度は高いです。極め付けは宮崎弁。金曜日の放課後、鉄格子の門を開け、シャバに出るとそこには可愛らしい宮崎弁を喋る大和撫子が。(もちろん声をかける勇気はないのでself social distanceをしっかり守っています。)
7-Ⅲみんな、宮崎のことがてげ好きっちゃが。(宮崎のことがとても大好きです)そして宮崎のことが好き過ぎて待機期間に宮崎に残るツワモノまでいるようです。このブログを見ている受験生の皆さん、宮崎はいいとこですよ✌︎(‘ω’✌︎ )」

四人目O学生

「Q.生まれ変わるなら何になりたいですか?
生きていく中で一度は聞かれたことのある質問だと思います。みなさんの答えは何ですか?私の答えは”鳥”です。だって、あんなに広い空を我が物顔で飛び回るなんて、めっちゃ羨ましいもん。おれだって飛びたい!それを叶えてくれる職業が、パイロットだったんです。
では、パイロットになる為にはどうすればいいの?調べたのは高2の冬でした。すると驚くべきことに、2年でライセンスを取得し就職できる夢のような環境を提供してくれる場所があるではないですか!その名はCAC!このようにして、航空大学校への入学を志望しました。そう決めてからはあっという間でした。なんの迷いもなく、大学2回生の春に入学願書を提出し、67回生Ⅲ期として入学し、”パイロットになる”という夢を追えています。とても幸せです。
やはり、座学と言えども予想以上にとても忙しく、毎日体育館へ足を運び、マイラケットとマイシャトルで空中戦を繰り広げています。座学修了までにハイバック打てるようになりたいです!バドミントン最高!」

五人目はS学生です!

「航大を選んだ理由は、色んな人と出会えるから!です。私の場合、周りにパイロットを目指している方が全くいなかったのですが、ここでは飛行機の話に目をキラキラさせるような人達ばかりが集まっています。 こんな環境はめったにありません。
さらに、同期が優秀なことも航大に入って良かったところです!皆、地頭が良いなと感じることが多く、日々刺激を受けています。
最初は集団生活に不安のあった私でも、いざ入ってみれば楽しい思い出ばかりです!ぜひ航大に挑戦してみてください、個性豊かなナナサンが待ってます!」

今回は、五人答えてくれました。
色々な壁を乗り越え、航空大学校に入れて本当に良かったっぽいです。

自分もこのブログを読んでいいなと思っていたので、
今書いていると思うと不思議な気持ちです。

更新頻度一位の回期になります。



67-Ⅲ

Written by 67III

5月 18th, 2021 at 3:41 pm

Posted in 未分類

7-Ⅳの自己紹介!!

without comments


こんにちは!初めまして、67回生Ⅳ期 荒川馨磨”学生”です!

そうなんです、航空大学校では「苗字+学生」をつけて学生同士呼び合っています。

いやお前、「苗字(荒川)+名前(馨磨)+学生」やんか!!!と思ったそこの方! これには訳があるんです。気づいてる方もいるかと思いますが、同期に同じ苗字の人がいる場合は「苗字+名前+学生」なんです!! 私と同じ苗字を持つ荒川颯太学生が前回の7-Ⅳのブログに登場していましたね(笑)

そこで今回は7-Ⅳの同じ苗字を持つ「荒川」2名と「佐藤」3名を紹介しようと思います!!

左:荒川颯太学生、右:荒川馨磨学生

こちらが、7-Ⅳの「荒川」学生2名になります!

私たちは今年の3月に航空大学校に入寮したのですが、私はその日の入寮する時間の30分前ほどに航大近くのセブンイレブンに寄ったんです。そしたら、なんとそこに荒川颯太学生がいまして、同じ苗字と知り、その場で抱きしめてしまいました(笑)

写真を見るとわかると思うのですが、マスク越しの顔が兄弟のようにそっくりで、お互い筋トレ好きということでガタイも似ていて、同期の方に「もしかして兄弟?」と聞かれたくらいです!

美化された荒川馨磨

このブログを書いている荒川馨磨です! 特技は英語、趣味は筋トレと海外ドラマ鑑賞です!←これ航大の最終試験の面接カードでも書いた気がする。。。

ブログを書いてる張本人なので、ふざけたことは書きにくいのですが、せっかくですので、私がパイロットを目指した理由を述べようかと思います!

私、大学生の時に、将来のしたいことを見つけに(←本当は違う)、1年海外留学しまして、ホームステイを2か月しました!その家族の当時中学2年生の息子さんが信じられないほど毎日勉強していたんです!!中学校の頃の私は、野球して、友達と遊んで、彼女を作って、、と、、、おっと~!!とにかく!!勉強は全くしてなかったんですけど、彼は違ったんです!将来の夢、パイロットになることを目指して努力していたんです!!彼が言った「I’m gonna be a pilot.」の一言が私の胸に刺さり、私も目指すことになりました!いつか彼と空港で会えることを心の底から願っています!

美化され過ぎた荒川颯太

颯太、、イケイケ過ぎんか?(笑)

彼は7-Ⅳのムードメーカーです!物まねだったり、ジョークを言うことがとても好きで、いつも大きな笑い声が寮の廊下に鳴り響いています(笑)

普段はふざけているようなキャラなんですが、7-Ⅳ全員でミーティングする時など、客観的な意見を述べてくれたり、正しくないことに対してまっすぐに正しくないと言える、とても頼りがいのある性格の持ち主です!!これからも7-Ⅳを引っ張っていって欲しいですね!

これからは「佐藤」学生3名の紹介に移ります!

佐藤大河

彼が佐藤大河学生です! 

彼はプロ並みにゴルフが上手いようで、ゴルフに精通している方々の中では少し有名な存在のようです!「なんで航大にいるの。」と同期が驚いてました!

宮崎での直近のラウンドは68だったようです! あまり詳しくない私でも素直に凄いと思えるスコアです!

ゴルフ上手いなら、とても紳士的な方なんかと思いますがそんなことありません! 意外とマイペースでおっとりした性格です。時には熱く物事を語ることもあり、もっと中身を知りたくなるような同期です!

シミュレーターが上手いようなので、今後のフライト訓練での活躍が楽しみです!

佐藤泰地

彼は佐藤泰地学生です!

そうなんです、写真のとおりめちゃくちゃ真面目です。←

7-Ⅳの中でも生まれが早いこともあり、いつも堅苦しい真面目な意見を述べてくれます。←

というのは半分冗談で、実は彼も7-Ⅳのムードメーカーの1人でして、誰に対しても明るく接してくれて、ふざける時はふざけ、やる時はやる、というメリハリの持ち主です! 前回のチェックの勉強は7-Ⅳで1番やりこんだと思います!その努力が結果に結びついたのかは置いといて、、、

佐藤稜悟

彼は佐藤稜悟学生です! 彼は狂ったかのようにサウナが好きでして、私がいつも車を出してサウナへの送迎をさせられています。。。

飛行機との写真はかっこよさが5倍増しですね!

彼は野球を大学までやっていたようで、とても野球が上手いです!大学まで野球やっていたぜっていう自信があるのか、いつも胸を張って廊下を歩いています←

キャプテンもやっていたことがあるようで、その経験を活かして皆を良い方向に引っ張っていくような言葉をかけてくれます!周り全体を見る力も持っていて、落ち着いている印象を持ちます!

最後にもう2人!!

これは先日、私がリモート授業を受けている時の休憩中に取った写真なんですが、めちゃくちゃそっくりですね!(笑)

彼らの紹介は、また今度にいたしましょう。

双子なのか、兄弟なのか、はたまた同一人物なのか。

お楽しみに!今度こそ森田学生よろしく!

Written by 67IV

5月 16th, 2021 at 12:00 am

Posted in 未分類

俺の自炊力

without comments


こんにちは!またしても67-Ⅲ(ナナサン)です。

今回は寮生活での自炊についてお話させてもらいます。
航大での食事は、基本的に寮の食堂で食べます。
しかし、休日は食堂も休みのため、各自外食や自炊をすることになります。
ただ、ほとんどの学生は自炊が面倒なこともあり、外食やコンビニで済ますことが多いです。

そんな中、自炊力においては、同期と一線を画す学生がいます。

そう、我らナナサンが誇るシェフ、山田学生です。
彼は多機能炊飯器を持っており、それを駆使して自室で何でも作ってしまいます。



入寮3日目にして、自分の勉強机で器用にナスを切っています。



続いて、彼の勉強棚です。教科書が端に追いやられていますね…
なぜ棚にマンゴーがあるのでしょうか、謎です。
ちなみに、「料理の『さしすせそ』も持たずに航大生活を乗り切ろうなんて、舐めてんの?」が口癖です。彼だけ航空調理大学校に入学してしまったようです。
ナナサンの共用の冷凍庫は彼の魚で埋め尽くされており、野菜は自室の衣装ケースにパンパンに詰められています。 

そんな彼ですが、料理が上手くなったのには理由があります。
実は彼、航大の入学試験に3度挑戦しており、一度はパイロットの道を諦めかけたそうです。
そしてパティシエを目指して洋菓子作りにはまり、料理の腕を上げました。
(調理学校のパンフレットを取り寄せて、入学するかどうかまで迷ったそうです。)
「今考えると、本当にパティシエにならなくてよかった」と言っております。

ここで彼の料理の一部を紹介させてもらいます。



どれもおいしそうですね。同期にも頻繁にふるまってくれて、食費が浮いて助かっています。


おっと、山田学生ここでおもむろにマンゴーを手に取りました。
何か企んでいるようです。



なんと炊飯器でマンゴーピューレを作っています。何に使うのでしょうか?



次に、生クリームを泡立て…させられました。右腕がパンパンです。



ここで、あらかじめ作っておいたレアチーズケーキにマンゴーとピューレをのせています。



そうです。今日は、山田学生と同部屋の岡本学生が誕生日ということで、サプライズで誕生日ケーキを作っていたのです。

完成しました!
いい笑顔です。さすがのクオリティー!(ミントを忘れたので買いに行くという徹底ぶり)



同期ミーティングの最後にサプライズ!
ナナサン全員のメッセージが入った動画を鑑賞しています。
岡本学生愛されていますね~



そして待ちに待ったケーキの登場!
とても嬉しそうなのが何よりです。



どうでしたか。航大での寮生活の様子が少しでも伝われば幸いです。
それでは皆さん、次のナナサンの更新までHold on please.

67回生Ⅲ期一同

Written by 67III

5月 12th, 2021 at 10:56 pm

Posted in 未分類